★埼玉県草加市の株式会社テシオ様に導入効果をインタビューされた時の映像が公開されています。ぜひご覧ください!! レッツの導入事例をご紹介する「お客様フォーラム」(レッツ公式HPより)

工事台帳ソフトの導入はプロにお任せください!

「工事台帳ソフトを導入したら便利なのはわかってるけど難しい…」という企業さま、当社におまかせください! 当社は、公認インストラクターが御社まで訪問して直接指導するサービスを行っております。 建設業での経理経験豊富なインストラクターが工事台帳ソフト「レッツ原価管理Go!」の機能を最大活用できる運営とスムーズな導入を支援します。

概要

  • インストラクターが直接訪問指導いたします
  • 1.活用法ご提案(御社に合った活用法)
  • 2.インストール・導入(マスターの登録支援)
  • 3.導入教育(適切な導入方法と操作方法)
  • 4.導入後のスポット教育(月々の運営・操作方法)

公認インストラクターがお伺いします!

当社インストラクターは、「レッツ原価管理Go!公認インストラクター」だから安心・確実。「レッツ原価管理Go!」の導入指導ノウハウや製品機能を熟知した検定合格者です。

インストラクター資格及び経歴
岡本健一
岡本 健一(おかもと けんいち)
  • 「レッツ原価管理Go!公認インストラクター」
  • 建設会社で経理業務に5年従事経験を持つ

ソフトと経理内容に精通しています!

便利な機能を最大限に引き出して、導入企業さまの業務時間を大幅に短縮することがインストラクターの価値といえます。ソフトウェアの操作方法だけを知っていても御社への経理システムへの導入が適切に行えるとは言えません。御社の従来の経理システムになじむような導入方法を提案いたします。

業務フローの効率化は実務経験者にお任せください!

御社の経理スタッフの方々が扱いやすく、すぐに日常業務を進めていくことができる環境づくりのお手伝いが重要と考えます。これまでの実務経験から、必要のない運用を避け、わかりやすく使い勝手のいい業務フローをつくる自信があります。最適で最善な運用を正しくお客様へお伝えすることがインストラクターの業務と認識しております。

訪問指導料金(税込み)

基本コース(導入時:2時間×4回)

・・・経理システムはしっかりしているのでレッツ原価管理GO!の操作方法のみの指導でという方が対象

  • 1回あたり2時間・・・30,000円(別途消費税)
  • 30,000円×4回=120,000円(別途消費税)

※導入時は一般的に2時間×4回が必要です。 ※交通費は別途必要になります。

ゆっくりコース(導入時:2時間×8回)

・・・経理システムに不安があり、入力担当者の作業時間も確保しにくいので、経理書類の流れからレッツ原価管理GO!の操作方法までの範囲の指導が必要という方が対象

  • 1回あたり2時間・・・30,000円(別途消費税)
  • 30,000円×8回=240,000円(別途消費税)

※各回の間にお客様にしていただく作業が量が多い場合に途中で確認や説明ができるよう、訪問回数を2倍にしています。 ※交通費は別途必要になります。

ソフトウェア本体の価格

基本セット価格・・・60万円(別途消費税加算)

※基本セットの他、「チョイス・ザ・機能」で必要な機能のみチョイスして購入することもできます。 この中でオススメしているのが、[原価管理]+[売上管理]の組み合わせです。 [原価管理] 20万円+[売上管理] 10万円=30万円 この組み合わせで、受注・売上・入金・仕入・支払(見積は除く)が利用できます。 通常の業務には、これだけあれば十分使えます。

■基本コース 訪問スケジュール例(クリックで拡大します)

訪問指導スケジュール

PageTop

導入教育ガイダンス1「導入メリットをしっかりレクチャーします」
「販売管理ソフト(=工事台帳ソフト)と財務会計ソフトを分けるツボ」教えます。
導入メリット
販売管理ソフト(=工事台帳ソフト)&財務会計ソフト販売管理ソフトで売掛金・買掛金を取引先別に管理し、それ以外を財務会計ソフトで処理することをおすすめしています。財務会計ソフトの伝票数を少なく、より単純化できるだけでなく、工事台帳ソフトは営業事務として営業課で入力してもらい、財務会計ソフトは経理課で入力するという業務フローにすることで、営業課・工事課に見せるのが望ましくない財務会計ソフトを経理課の中だけで管理することができます。営業課・工事課は工事台帳ソフトを自分たちのものとして、経理職員がいなくても、自由に原価を見ることができ、入金残高を確認することが可能になります。
レクチャー
「 レッツ原価管理go!」は、原価管理機能の他に請求・売上・入金・仕入・支払を管理するための販売管理機能をつけることができます。これを活用すれば、得意先別の売掛金管理と仕入先別の買掛金管理が可能なのです。これは活用のほんの一例です。当社なら、適切な運営をするためのソフトの使い方と、業務フロー作成のご提案ができます。
「必要な資料がさっと作れる活用のツボ」教えます。
導入メリット
たとえば銀行提出資料をつくることも可能です。「レッツ原価管理Go!」はエクセルエクスポート機能が強化されているので、単なる工事一覧としてデータをエクスポートすることもできますし、エクスポートするレイアウトをあらかじめ設定しておくことで、オリジナルのエクセルの表にエクスポートすることも可能です。
レクチャー
面倒だった受注工事明細表や、各種銀行提出資料などを簡単に作成していくことができます。当社なら、御社に必要なソフト活用をレクチャーできます。

PageTop

導入教育ガイダンス2「みんなが使えるを目指しましょう」
営業担当・工事担当者編 – さまざまな日常業務がスピーディーで便利になります。
こんな機能を活用しませんか?
  • 見積書の発行からその内容を転記した請求書の発行
  • 工事請負契約の内容保存
  • 経営審査を受けるための工事経歴書の作成(専用フォーマットあり)
  • 工事一覧・工事原価明細の印刷
  • 支払い査定時に立替金を差し引いた支払金額の算出
  • 出面入力による労務費の入力
  • ボルト一本の原価から単価・数量入力が出来る原価明細の詳細な入力
  • 期間原価として月々の売上・原価・粗利の計算
導入教育のツボ!
経理の財務会計ソフトとの連動を意識する必要がないため、勘定科目番号の統一や、月次決算時の財務会計ソフトへの転記を考える必要はありません。営業・工事担当が自由に利用できます。経理への売上報告は、営業・工事担当がエクセルなどで作成した売上集計表などを使えばいいことになります。
経営者編 – エクセルエクスポート機能で、さまざまなデータを引き出しましょう。
こんな活用をしませんか?
  • 自社の売上・粗利を工事別に把握したい
  • 決算時での仕掛品の算出に利用したい
  • 残高試算表の売上総利益はどの工事の利益で構成されているか知りたい
  • 銀行への融資資料をまとめたい(工事別入金予定を書いた受注工事明細表の基礎資料)
導入教育のツボ!
算出される粗利と財務会計ソフトで算出される粗利を一致させるために経理職員が入力します。勘定科目は財務会計ソフトとの統一が望ましい。消費税入力の仕方でも粗利が変わりますので、入力時のルールを統一もポイント。
経理担当者編 – 原価管理と販売管理がわかりやすくなります。
こんな活用をしませんか?
  • 財務会計への取引入力のなかから、売掛金・買掛金に関する部分のみ分割し、販売管理ソフトとして独立させて入力したり、管理すると業務が分担でき、うまくいきます。
  • 財務会計ソフトへは得意先・仕入先別に補助科目を作成せずに日々の入力をしていきます。
  • 決算後の補助元帳(売掛金元帳・買掛金元帳)の印刷。
  • 売掛金残高一覧表や買掛金残高一覧表の印刷。
導入教育のツボ!
財務管理・原価管理・販売管理ともに行うこともできます。転記で連動する財務会計ソフトは、弥生会計・PCA会計・奉行など多くの財務会計ソフトに対応。 ただし、財務会計ソフトの売掛金残高・買掛金残高・粗利・売上高を一致させる必要があります。 適切なルール作りと規則的な運用方法での対応が必要です。 転記しない場合は、財務会計ソフトは特定されません。 手入力で売上取引や仕入取引の月間合計仕訳を月次決算で手入力することで対応できます。 入金支払いの取引は、普通預金や現金の日々の残高に影響が出るため、レッツ原価管理Go!に入力すると同時に、財務会計ソフトへの入力も必要です。

工事台帳ソフトの導入・運用の満足度 福岡・佐賀県内トップクラス!

無料相談受付中!お問い合わせはこちらから

PageTop